IWCの時計のメンテナンス|IWCの魅力について知る!人気の時計メーカーの魅力とは

IWCの時計のメンテナンス

時計

時計をメンテナンスに出そう

時計というものは長く使い続けることができるものですが、定期的なメンテナンスを行わないと壊れてしまう可能性が高くなってしまいます。不意のトラブルを避けるためにも定期的にメンテナンスに出しましょう。

メンテナンスの周期

一般的に、時計は二年おきのメンテナンスを推奨されています。IWCの時計も例外ではなく、二年おきのメンテナンスを推奨とされています。

オーバーホールも必要

メンテナンスだけではなく、数年に一度はオーバーホールを行うことも時計を長持ちさせるコツです。IWCでは五年に一度のオーバーホールを推奨しています。

時計の修理屋ランキング

no.1

メーカーの直営店

より確実な修理を望むのであれば、IWCモデルの場合は直営店が最適です。IWCはどんなに古いモデルでも修理対応することができます。

no.2

大手時計店

大手時計店であれば多くの技師が在籍していることも多く、その分技術力の高い時計職人が在籍している可能性も高いです。修理相談の際は事前連絡を入れ、対応できるかどうか確認するといいでしょう。

no.3

個人の時計屋

個人経営の時計屋は、優れた時計職人が経営している老舗が多くあります。複数メーカーの時計に対応している職人も少なくないので、まずは相談してみるといいでしょう。

no.4

個人のメガネ屋

個人経営のメガネ屋の中には、時計メガネ協同組合が認定している時計修理技能士が経営しているお店があります。こうしたメガネ屋さんでも時計の修理を対応してくれることがあります。

no.5

大手販売店

購入した大手販売店であれば修理を受け付けてくれることもありますが、提携している企業に修理代行を依頼する場合がほとんどです。

時計のメンテナンス手順

点検と診断

時計職人が時計からベルトを外して内部を開けた後、どういった処置が必要かを点検していきます。その後、ケースから時計の重要部分であるムーブメントを取り外します。

ムーブメントとケースの洗浄

ムーブメントからモーターや脱進機を取り外して洗浄していきます。オイルを挿した後は、ケースを分解してパーツごとに洗浄していきます。

ケースにムーブメントを戻す

精密機器を使って時計職人がムーブメントをケースに戻していきます。ネジをしっかり閉めて、ひとつひとつ機能のチェックを行っていきます。

時計の調節

計測機を使って時計の調節を行っていきます。歩度がIWCの定める基準となるように微調整を繰り返していきます。この微調整が完了したら、今度は最終点検に入るのです。

時計の最終点検

時計を水中に沈めて圧力をかけ、問題なく動作するかの点検作業を行います。水中での耐水性確認が終わったら、最後に各機能の最終チェックを行ってメンテナンスの完了となります。

広告募集中